無料ブログはココログ

楽天

« 業務日誌:平成22年5月21日(金) | トップページ | 新規事業について思うこと »

中国人が大挙して研究所見学

水曜日に120名近くの中国の方々がうちの研究所見学に来られました。これは日中での業界のシンポウジウムに付随した見学ツアーの一環ですが、これが非常に不手際の連続で、仕切っている部は大丈夫かしらんと思わざるをえませんでした。そもそも、そんなに大人数が来るので各研究室から助っ人を出していくれと依頼が来たのが1週間前。それまでは、事前アナウンスも一切無し。この話自体は半年以上前から決まっていたにも拘らずです。

しかも依頼の仕方はメールでポンと送付してきただけ。引率1名と見学ルートの案内係り1名となっていますが、具体的にどこまでするのか(機器の説明が必要なのか、必要ならばどの程度までして良いのか等々)どんな仕事をするのか、どういったレベルの人間を出すべきか等々一切説明がありません。結局その様なことを確認した上で担当者二名を決めて提出しました。・・・ところが、事前説明会に担当二人が行くと何故か二人ともエレベーター係になっていたそうで、何が何だか・・・。

さて、当日もトラブルだらけだったそうで、まずは9時半着の予定が30分過ぎてもまだ到着しない・・・。9時半に待機の指示を受けた人間は「暇ですよー」と言いながらうろうろしています。ようやく着いて、大会議室でY部長が説明に入ります。その後見学になるのですが、時間がおした場合あまり大きい機器も無い10Fの見学はしないと事前の資料には書いてありました。Y部長が説明が終わって「10Fの見学はしません」と言ったそうなんですが、なぜかT部長代理が「します」と逆のことを言って、結局することに・・・。さらに見学の仕方が120名が数珠繋ぎにぞろぞろと並んで見学に行っていますので、最後の人は大幅に待たされることに・・・。もっと効率的なやり方があるはずなんだがなー。

この行事には20名以上の助っ人が参加して午前中時間を潰しています。その費用を考えたらもっと効率的な行い方を考えるべきなのに・・・。

« 業務日誌:平成22年5月21日(金) | トップページ | 新規事業について思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559753/48420069

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人が大挙して研究所見学:

« 業務日誌:平成22年5月21日(金) | トップページ | 新規事業について思うこと »